読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値の無い自分を悲しむ心

「自分に価値はない。けど、だからこそ、優しくします。」

 

昨日、そういう風に思考実験を開始して、

自分の内側にわきおこる心を優しく見守ってみた。

 

「無価値な自分」を「悲しむ心」があった。

 

誰かのほんの少しの声のトーンであったり、そっけない態度であったり。

「無価値な自分」を「悲しむ」ための証拠探しをたくさんしていた。

 

悲しいのは、「愛されたい」から。「優しく」してほしいから。

「愛されない」し、「優しくされない」理由を、「自分の価値」に求めるから

「自己肯定」して「自分の価値」を持とうとする。

これが少し前までの私。

 

価値は、有っても無くてもいい。

 

私は無い方がしっくりくる。

これまで生きてきた過程で、やっと出せた結論。

 

有るって思うと、有ることが優しくする理由になってしまいそうというのもある。

無いけど優しくする方が、広くていい。そんな感じかもしれない。

 

「無価値」だから「愛されない」と思い込んでいる自分を「悲しむ」心は、

「無価値」だけど「優しく」してもらえることで、「悲しむ」必要がなくなった。

 

まだわからないことばかり。

どうなっていくんだろう。

引き続き、優しく観察してみようと思う。