読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある推論

エレベーターに乗ったときに、負のオーラをまとった人がいた。

かもしだす雰囲気というのは、表情とか筋肉の緊張状態とか

そういうことから読み取るのだろうか。

 

負のオーラに敏感な方だと思う。

そういう雰囲気の人がいると気になってしまう。

 

なぜだろうか?と思った。

これまで、どうやって避けようとか

どうやって流そうとか考えたことはあったけれど

今日は、なぜ自分はそういう雰囲気を持った人に敏感なのだろう?と考えた。

 

負のオーラ=危ない。身の危険を感じる。

 

必要だから敏感になるよう学習したのかもしれない

という推論が生まれた。

 

しかし、いま必要だろうか?危険だろうか?

 

必要なことは気に留める必要があるが、

そうでなければ流していい。

 

・・・そう考えたら、同調せずに済んだ。

自分に必要なことだけでいい。

 

まだ解けていない不安も有る。

 

ゆったりとしていい状況でも常に気をつけていないと不安。

気をつけていないと、嫌なことが起こる。

ゆったりとすると、嫌なことが起こる。

 

何かひとつ見方がかわり、洞察が進めば

これも解けるようになるかもしれない。