読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみしさ

今日は昼すぎまで寝ていた。

昨夜、お腹を下してしまったからだ。

 

あまりお菓子類は食べないようにしてるのだけど、買い置きしたのがまずかった。

ポテチを一袋食べてしまったのだ。

 

寝る時は大丈夫だったけれど、

夜中に吐き気がして目が覚めた。

そして明け方、下していた。よろよろ。

 

体から生気が抜けてしまったようで布団から動けずにいた。

 

小学校低学年くらいまで、夜中にいきなり吐くことがあったのを思い出した。

多分、それと原因は同じ。

 

さみしくて、ポテチを大量に食べてしまう。

満たされたくて、おなかいっぱいでも、食べきってしまう。

ポテチ一袋分の代用愛情。

 

満たされないのは、重荷になってる気がして(これ自体がうつ思考だけども)、

もう私のうつ思考の爆発には耐えられないみたいだから(こっちは現実)、

我慢すればいいものか、無理していい顔すればいいものか・・・

とりあえずできるだけ自然に接してるけど。

 

救いに来てもらえないのが、心からさみしい。

 

悲しいことも多いけれど、期待して求めてしまってたこととか

もっと現実を見ようと思った。

 

うつフィルターを外せば、満たしてくれる愛情は、

もしかしたら発せられてるかもしれなくて。

なかったら怖いから、閉じこもって妄想しちゃうんだけども。

 

今はふつうに夕飯を少し食べ過ぎて、お腹が痛い。

 

明日もさみしい一日だ。

 

さみしくてもいい、苦しくてもいい

感じたままを感じて生きよう。

 

早くとか効率とかなくていいんだ

無駄で遅々として進まなくて何の価値も生み出さなくても