読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

束の間の凪

昨日は不思議な一日だった。凪のような心持ちだった。

あれ?なににこだわってたんだっけ・・・?みたいな感覚。

人間も自然の一部だから、潮の満ち引きのような

心のうつりかわりが起こるのかもしれない。

 

一昨日は感情の大嵐で、たくさん泣いた。

ここに書かなかった大波もあらわれて、

それをひとり、声に出して言っては泣いたりしていた。

 

ひとりごとでは空しいので、ICレコーダーに向かって

ずっとずっと言いたかったことを口に出した。

ううん、声に出してみてはじめて言いたかったんだ・・・と実感した。

 

「私はできない子なんかじゃない」

 

そんなようなこと。

 

そこは幼いころから、どうしても越えられていない部分だった。

心にしこりみたいに残って、忘れようとしても無視しても

否定しても自分を攻撃して貶めても、こびりついていた。

 

自立というのは、反発することで成立するものだと思う。

怒ることもその一つだ。自分を主張することにつながる。

 

口をへの字にして、歯を食いしばって、大人になったふりをして、

効率を優先させて、自分の心とか見て見ぬふりをする部分がどんどん増えて・・・

そういうのを大人になる=自立というふうに考えられがちだけど

見えない部分が増えたのなら、それは退化なんだと思う。

だまされちゃいけないと思う。

 

私の生き方や自己主張は、世間とは違うかもしれないけど

この「私」しかいないんだって、だんだんわかってきた。

 

昨日はあまりにエネルギーを使いすぎて、呆然としてたという方が合うのかな。

凪と言っても、海面は穏やかで何事もないようだけれど、

水の中はまだ暴れた後の余韻が残っている、そんな感じ。

 

でも久々に頭はスッキリしていて、Excel使って家計管理簿をいじったり。久々。

なんていうか、幼いころから抱えてきた葛藤は、

思考力を使うスペースまで侵入してきていて、

その葛藤が爆発してくれたので、一気にエネルギーが抜けたような。

耳閉感もだいぶよくなったし。体調は一段上がったのは感じる。

 

前は無理やり切り替えて、別の人格(ペルソナ)にチャンネル合わせて、

それと同化しまくって思考力確保してたけど、

いまはそうしなくても、こっちの人格でスムーズな感じ。

 

と言いつつ、これで終わらないのが人間の複雑さかな。

まぁもう何年もこうして溜め込んだ感情を見届けてきたから、

どこまででも見届けますて感じですが。
 

次のエネルギーは、緊張がひどくて、首の寝違えと背中を

ぎっくり気味にしてくれてるので、なかなかスリリングです。

 

でもこれ越えたら、だいぶ体の緊張がとれるんじゃないかって

もすこし頑張ろうと思う次第です。