読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗髪

あまり体調がよくない。

 

手の皮膚も荒れてきたので、髪を洗うのが辛かった。

満足に髪も洗えないことが悲しくなった。

 

いつものお店は車でしか行けない。

運転する気力はない。

 

近くの美容院を検索。某クーポンアプリだ。

シャンプーのみでネット予約できるお店を発見!むむむ・・・

1080円と安い。ブローは2000円ちょい。

計3000円は痛いが、乾かしてもらえないケースもあるらしく

ひとまずシャンプー+ブローで予約する。

 

ドキドキしながら、時間前にお店へ。

人と話すのも億劫だったが、ネットであれこれ調べ、

某クーポンアプリでネット予約すると、

「静かに過ごしたい」というリクエストを送れることもリサーチ済み。

対策はバッチリだ。

 

よく近くは通るが、はじめてのお店だ。

ネット予約した旨を伝える。

 

顧客カードを書くが、「差し支えない部分だけで大丈夫です」と先に言われる。

名前と携帯番号ぐらいにしておいた。気が楽だ。

 

シャンプー台へ通され、「この後お出かけですか?」と聞かれる。

「ぃぇ・・・」と答えると、

なんと「シャンプー1080円だけも出来ますよ」と教えてくれた!

なんていい人なんだ・・・!!

 

1080円で、軽くブラシを通しながら乾かしてくれるという・・・。

もちろんお願いした。

 

しかもシャンプーがかなり気持ちよかった。

これまでの美容院のどこよりもだ。チェアの角度も楽だし、

最後に親指で生え際にそって皮膚をぐっと押し流すようにしてくれたのが

めっちゃ気持ちよかった。

 

なんだここは。いいお店や・・・

 

髪を乾かす人に交代。おそらく練習台という意味もあるのだろう。

私の髪は多く、下手にブローすると大変なことになる。

慣れれば大したことは無いのだが、久々に困っているところを見てしまった。

30分以上かかっただろうか。雑誌一冊読み終わってしまった。

 

会話も少しだけで済んだ。若者なのに落ち着いた対応だった。

白髪についても「ああ少し出てますね」という優しい対応。

 

けっこうな期間染めていないので、前髪の分け目次第でひどい白髪地帯が出現する。

それなのに、優しくされてしまった。ヘアカラーの売込みもなかった・・・

 

美容師さんとの会話は、けっこう疲れていた昔を思い出す。

気まずい時間にならぬよう、話題に合わせて話をしては・・・

美容師さんも合わせてくれていたかと思うと、ドツボか。

 

これからは、無理して話をしない人になろう。静かな人でいよう。

どうも私は会話をすることが辛かったのかもしれない。

コミュニケーションをとらなければ・・・と気負っていたのかもしれない。

 

「またシャンプーだけでもどうぞ」と言ってもらえた。

嬉しかった。