読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車ほしいけど、車道は怖い

徒歩で3、40分くらいのところに図書館がある。

体調の良い日は歩ける距離。といってもそんなにいい日は年に数回だけど。歩くのは好きなんだよな。

 

少しずつ体を動かして、体力つけたりしたいと思うけど、往復するとちょっと遠いし、荷物あると疲れちゃうので、自転車がほしいなと常々思っては、調べたりしている。

 

バスは遠回りの路線しかないので、安いお弁当なら一食食べられる額と思うと、なんかもったいないし、時間も歩くのと同じくらいの時間がかかるんだよね。それで、自転車〜ってなるんだけど。

 

結局買わないのは、車道走るのが怖いから。

自転車は車両だから、事故になった時の責任は歩行者とは段違いだし。

それを考えると、車道の端を走るなんて、かなりリスキー。

歩道走るのも言わずもがなよ。

 

ところどころに自転車通行帯が出来てるけど、道が細くなったら消えるし、なんだそれって思う。

 

この社会システムの行き詰まり感。

自分たちの頭で考えてない。

頭っていうか、心がない。

正しいことが行われますように。

 

 

香水はつらいよ

退職手続きに行ってきた。

人事の人の香水がくさかった。

つけ過ぎとまでは行かないけど、ずっと匂ってくる。

よい匂いだろうが、ずーっと匂うってのはつらいものよ。

 

んで、数日後、もらった資料に目を通してたら、まー香水の匂いがついちゃって、自律神経は混乱しまくり。

 

脱臭剤とビニール袋に入れて放置。

 

ほんと迷惑。

迷惑行為よ。香水は。

柔軟剤の香りも含めて。

 

自律神経弱ってる人間には、殴られてるようなもんだからね。

回復に時間がかかるんだからね。

 

こんなとき、この世界から消えてなくなりたいって思うわ。

美意識が異なり過ぎてる世界。

 

柔軟剤なんてさ、洗剤を石けん系に変えれば必要なくなるのに。

 

この世界の人たちは、外側にこたえを求めることばかり。

 

ああ、みにくい。

みにくいものは、この世から消え去りますように。

私の中から、消え去りますように。

 

 

寒い。

今年もこの季節がやってきた。

 

寒い

頭痛い

集中力ない

動けない

眠い

寝ると夜寝れない

スマホならできる

目が疲れた

生産性ないことばかり空しい

ひま

無気力

 

てなことばかりぐるぐるしながら

結局寒いんですよね。

 

こうして書いてみると、目が疲れたなら休ませろと思いました。

 

エネルギーが落ちてると、体が冷えるし、冷えてると動けないので、さらに冷える。

 

やりたくないことを認めて受け入れる。

別に生産性のあることをやっちゃいけないわけじゃないんですよね。何かこう、それをやると休まらない感じがして、避けてるつもりなんです。

でも避けてるのに休まらない。

やり切っても、次から次に来るので休まらない。

どうせ外出はしきらないわけで、結局完結できないと予測してしまってやりきらない。

ばかばかしいけど、こうして書き出すまで、書いている今もなお、何か向き合いたくないものがあることに気がつきました。

 

何に向き合いたくないのか?

ひとつのことも満足にできない自分に出会うのが怖いのかもしれません。

闘病とは、自己有能感との闘いだと思います。

少し前までは出来ていたことや、頑張れば出来ていたことが出来なくなっている自分を見つけるかもしれない。

自立した人間だったのに、だからこそ自由を楽しめていたのに、人の手を煩わせる私は、何を差し出せば自由を許してもらえるのか。

もう二度と自由を求めることは倫理上許されないのかもしれない。

奴隷のような何かねじ曲がってしまうような、ねじ曲げられていか過去からやっとここまで逃れてきたというのに、子どもだから、不完全だからと、罵られ奪われてきたものを、やっと取り戻しかけていたというのに。

しつけだとか、礼儀だとか、常識だとか、あれこれ押しつけて、コントロールしようとしてくる人たちから、やっと逃げられたと思っていたのに。

バレたくない、私の障害はバレたくない。

バレたら欠陥品扱いされて、迷惑がられて、一人の人間として信用してもらうこともできずに、嫌われものになってしまう。

 

 

いつも私はそのことに怯えてきた。

嫌われると配給がまわってこず、飢えて死んでしまう。

食糧を分けてもらいたかったら、差し出せと言われる。周りはみんな奴隷のような生き方をしてる。

独裁者が悪いんじゃない、安易に流れ独裁者が行うことを擁護する皆んなが悪いんじゃないか。けれど皆んなは知らない分からない。いつも話が通じない。理解したとしても、これ以外に生きるすべはあるの?とそればっかりだ。

 

寒くなるとそういうことを思い出す。

とても悲しい。

 

もう二度とAmazonで本は買わない。

Amazonが好きだ。

こうして体が弱ってくると、一つのプラットフォームから、生活雑貨から家電、書籍まで手元に届けてもらえるというのはありがたい。

 

しかし最近、書籍を注文するのはやめることにした。

理由はニオイだ。

 

Amazonでは中古本も取り扱ってくれているので、読みたい本が安く手に入れられるのがありがたかった。ところが最近、中古本のニオイがダメになってしまった。ニオイが鼻について読書どころでない。

もともと某消臭剤のニオイがダメ。最近の中古本は似たニオイがする。ああいう化学薬品は香りをつけたら落ちない加工がされているのだろうか、なかなかニオイは落ちてくれないのだ。

 

そういう経験を経て、ならば中古本はやめて、定価で買おうと注文した書籍が、刊行が古いものだったせいもあるのかもしれないが、ホコリ臭くて未だに読めていない。

ずっと空気清浄機のそばに置いているし、拭き取りをしてみたりしているが、数週間お預けを食らったままだ。

経験上、冷蔵庫用の消臭剤が一番吸着がよい気がしているので、これと一緒にビニール袋に入れて放置する方法を試そうと思い、ようやく昨日消臭剤を買ってこれた。買い物にもなかなか出かけられない身としては、思うように物事は進まない。

 

さて、そもそも新品のはずの本がホコリ臭い。

これはもう、Amazonの在庫管理が悪いくらいしか理由が思いつかない。

ホコリ臭い、陽の当たらない倉庫に置かれているのだろう。本にも人にもブラックな環境を想像してしまうが実際のところどうなのかは知らない。働いている人が健康を害さなければいいなぁとは老婆心。

 

そんなわけで、もう二度とAmazonで本は買わないことに決めた。

本も生き物なのだ。呼吸しニオイをまとって存在している。

 

書店も、鮮度がいい書店がいい。

最近はTSUTAYAが本を取り扱っているし、ある意味イキのいい品ぞろえだと思う。刊行が新しいものや、古くても売れ筋で…という意味では。けれどニオイはダメだった。そういう意味での鮮度は低そうだった。もっと在庫回転の良さそうな書店で買うことにした。

 

行くなら大きな書店がいい。回転もいいし、思いも寄らない書籍との出会いもある。中身も確認できるし、ニオイも確認できる。適度に空気にも触れているので、臭いなんてことはない。

 

そして書店員さんが蔵書を把握してる書店がいい。著者名がジャンルとともに頭に引っかかっているような人がいる店がいい。そういう店ほど、本が生きてる感じがする。

 

書店に行くのも体力が要ってなかなか行けない、読みたい欲ばかり募ってじりじりする一週間だった。

かなり無理をおして行ったので、昨夜は足がつって夢でうなされてしまった。

しかし、ニオイはばっちり大丈夫なものが手に入ったので、心は満足している。あちこちに置いて並行して数冊読むので、手持ち無沙汰になっていたのが解消された。

 

また今度書店へ行くのが楽しみだ。

昨日在庫切れして手に入れられなかった文庫を、今度は書店で発注してみようかな。そんなことするのは、何年振りのことだろうか。それとも見つかるまで探し歩くのもいいかもしれない。そんなに急いで読む必要もないのだから。

iPhoneでのLINE通知の落とし穴が多すぎる(iOS10)

色々試したけど、一番効果のあったやり方をもう先に書いてしまおうと思う。

 

それは、スタンプをひとつ送ってから、LINE通話をかけてもらう方法!

 

これがテッパンだった。

スタンプの通知を見るためにLINEを開くので、ロック画面からの復帰も一足先に出来てる状態で通話を受けられる。

ゲームしてようがニュース見てようが、そこらへんに置いていようがばっちりだ。消音にしてたら気づかないけど汗。

 

快適だし、うちの旦那さんはその時の気分でスタンプ選ぶのも楽しんでくれてるし、めんどくさいときは前回と同じの送る感じで、お互いノーストレスの解決法となりました。

 

------

毎日の帰るコールをLINE通話でくれる夫。

iPhone7plus128gbになって、以前の低スペなAndroidとは違うはず!と期待してたのですが…

LINE通話の通知がこなくて、電話代のかかる日々。

夫はいいよ〜と言ってくれてはいるものの、やっぱりもったいない!

そこであれこれと対策してみたのですが、落とし穴が多すぎて、トライ&エラーの連続でした。

 

落とし穴

iPhoneで動画視聴

夕飯の支度してる時とか、キッチンでAbemaTVのニュース流したりしてるんですが、ダメでした。まぁ、そうだよね。

 

パソコンでの動画視聴+Wi-Fi

パソコンでHuluとかAbemaTVとか観てて、iPhoneWi-Fiにしてるとダメですね。

なので、最近はiPhoneは常に4Gにしてます。

ちなみにパソコンで動画見てると、パソコン版LINEもつながりません。

 

ゲームアプリ

ぷよクエに最近はまってます。

やってるときはLINE通話通知(メッセージはくる)がこないことがわかったので、夫からの連絡が入る時間帯は使用しないことに。

でもたまに夫が終業ジャストくらいでかけてくることがあって、油断した!というケースも。。

残業もあるのでかかってくる時間帯はまちまち。テレビがおもしろくない時間帯とも重なるので、なんか暇つぶししたいんですけどね。そこは無心でやりすごします。

 

ニュースアプリ

ゲームアプリはたしかにメモリとか、通信とか使いそうよねっと納得していたのですが、SmartNewsでもダメみたいです。

SmartNewsもダメってどうなの??

メモリの問題?3GBメモリってそんなもんなん?と強く思いますが、今のところこれしか対策がない。。

結局、今のところLINE通話の通知が受け取れるのは、Safariのみのようです。

夕方は、ほぼスマホ使用禁止です…

 

ナイトモード

ジムに寄った帰りはふだんより帰るコールが遅くなります。

よく使う項目からの着信は受ける設定にしていたので油断しました。

着信は電話機能についてであって、LINE着信は別って場合もありそうです。

調べるのもめんどくさかったので、ナイトモードのスタートをかなり遅い時刻にするとともに、深夜帰宅などがわかっているときは、オフにすることにしました。

 

低電力モード

バックグラウンド作動がオフになるそうです。

ゲームしすぎて、バッテリー減りすぎて、でもあともうちょい続けたいとき、何の気なしにオンにしてましたけど。

満充電近くなるまで、自動的にはオフになりません。

もうめったなことでは、オンにすることはしないことにしました。

家にいるときだけじゃなく、出掛けてるときもタイミング選びますよね。

あ、ちなみにFaceTimeオーディオも試してみたことあるのですが、結果はあまり変わらず。

今さらだけど、iPhoneメール管理について!iOS10

背景

メアドの使い分けは数年前からしてた。

メルマガや会員系はできるだけ寄せて。

ただ、それ以前のメインメアドにもいくつか登録会員系のお知らせが入ってくる。

そんなに件数もないから、全受信フォルダで一気にタイトル見て既読処理がルーチン。

目を通す必要すらないものは、もともとフィルタかけてる。

多くて一日20件。大して負担は無い。

はずだった。

 

失敗したのは、メインだからと、それをうっかり会社の連絡用に教えてしまっていたことだ。かれこれ10年以上前。

最近になって、会社とのやりとりが増えた。

即返信できるものばかりならよかったけど、調整して返信するなど、日数がかかるものは埋もれてしまう。

一気に既読処理ができなくなった。

 

最近疲れてて、PC開くのもめんどくさい。

iPhoneだけでどうにかならぬものか。

 

こんな機能あったのね

VIP★

なんとなく知ってはいたけど、どこでどういう設定なのかわかっていなかった。

連絡先と連動できる。

VIPフォルダのiマークを押すことで設定出来る。

連絡先に入っててメインメアドに連絡くれる人をVIP設定しておけばいい。

ただ、はじめてメインメアドにメールをくれた人は、VIPになってない。

見逃すことになるので、ここだけチェックするのは要注意ではある。

 

フラグ

これが便利なのは、返信待ちしてるメールに付けとくことかな。

タイトルごとに反応するみたいで、件名変えられちゃうと漏れてしまう。

連絡先に登録しない相手で、返信待ちしてる案件に付けておくのがいいかも。旅行代理店とかね。

あとは、後々見返す必要がない内容なら、用件が済んだらフラグは外しておく方がスッキリすると思った。

ずっと件数表示されると毎回引っかかるか、脳内スルーしてしまう。

参考用と、短期用と分けれたらいいのに。

Macなら数種類の色づけが出来るけど、iPhoneでは1種類しかない。

とりあえず短期用として、参考用はEvernoteに入れるなりするのが対策か。

 

フォルダの順番

デフォルトは全受信が一番上だけど、今回、VIP、フラグ付き、未開封の順に並べてみた。

これが一番よかったかもしれない。

優先順と脳内イメージが合致。

 

通知の絞り込み

メアドそれぞれの通知スタイルが選べることを発見。

同じ設定しかできないと思っていた。

オンタイムで見る必要がないアドレスはバッジなどで通知させないのがいいと思う。

メールアプリを開いた時だけ、ついでに既読処理がいいと思う。

VIPのみ通知を変える機能は、設定の通知のメールアプリを開いて一番下にあった。いいかも。

 

ポイント

メール管理に求めるのは、頻度やスピード、タイミングに応じて反射的に処理に入れること。

 

そのためには、反射的に処理に入るための流れが必要だ。

いくつかの目安が、そこへ誘導してくれるのが理想的。

 

私の場合はこうだ。

バッジが出ていたら、消したくなるのでアプリを開く。バッジが第一の目安だ。

アプリを開いたあと、第二の目安になるのは各フォルダの数字。特に未開封フォルダの数字がバッジと連動しているのは明白。

そこに1以上の数字が表示されていたら、基本的にはフォルダを開いて判断という流れ。

 

VIPとフラグのフォルダは、単に内容確認や既読処理だけでは済まない性質のメールが来ていることを暗示している。

 

今、私はVIPかつ未開封が1通ある。

会社からの来週期限での回答依頼。

いつもなら即返信して既読にする。

しかし、今回は回答に少し日数が必要でまだ既読に出来ていない。

 

常に画面には赤マル1と表示されている。

しばらくは画面を見るたびにバッジに反応し、数字に反応しては、それはあの件だとリマインドし続けるのだろう…

 

ああ、早く既読にしたい…。

 

追記

早速すぎるけど、やっぱり未読は毎回脳が反応してしまって疲れる。

なので、フラグにして既読にしてみた。

これが正しいのかも。

読んでるけど、フラグ立ってるよ。

ふむふむ、スッキリしてきた。

 

そして、未開封フォルダでは一括既読ができそうにないことも発見。

全受信で既読処理するので、未開封フォルダはいらないんじゃないかと思えてきた。

フォルダの並びは、フラグ、VIP、全受信…というのがベストかな。

 

やりかえてみよっと。

 

バックミンスター

バックミンスターフラーが気になってきたので

色々と調べてみた。

 

著作は安いものもあるけど

五千円超えだすと中身見てから買いたいなと思うので下調べ。

 

バックミンスターフラーを文化史的に解説?してくれてた人がいたので

マクルーハンあたりと同列というのがわかった。

どのあたりの系譜かというのもわかって、これまでなんか親和性があるけど、遠いなーと思ってた界隈の人々も影響受けてることもわかった。

なんていうか、故郷の川にもどってきて、ここじゃね?と思った鮭の気持ちかも。

似たような川に遡上してるものの、何かが違うんだよな…なぜか隣の川に仲間がいる気がするんだけど、つながってないから行けないし…

と不安になってたけど、より源流にまで遡ったら、間違ってなかったー!みたいな、つながってんじゃん!みたいな。

まだ読んでないんで、そんな予感て感じ。

不安だったころと違って、今はもともとの湧水地点を先に見つけちゃったので、あーね。て感じで、親和性のある界隈は界隈で、今となっては過去だったり。

 

けどその解説してた人的にはオワコン扱いだったので、悲しくなった。

 

オワコンなのが悲しいというより、マーケット的な見方で捉えてるのが悲しかったのかも。

 

以前、同僚がLOHASマーケティング用語とさらっと片づけてて、その意識の低さに一瞬言葉を失ってしまったわけで。

けど、もしこの記事を読む人がいたとして、おそらくその多くは、え?そうじゃないの?いまや時代遅れの使い古されたキーワードだよね?という反応が一般的なんだろう。

 

私たちは社会という人間が作り上げたシステムの中で生きている。

 

その中で暮らすことを学習していくが、その社会自体が地球という自然環境のなかで成り立っていることは、あまり意識されない。

 

スタンスとしては、どれも一種の思想であるとするのは、冷静さを保ち、取り込まれてしまうことを防ぐこともできるのでよいと思う

が、その思想の背後にある心情を省くドライさ、あるいは省かないと論じることのできない私たちの文化の狭量さは、いつも悲しい。

 

まるで、この世界には人間しかいないみたいだ。

 

健康で持続的な生活。

今となっては、これまでの経済活動をオシャレにシマショー的なのになってしまったのだけれど。

 

読んでないんで擁護しようもないけど。

バックミンスターフラー、大切な何かを感じてます。